TOP > コラム >銀白に輝く、ニッポンのししゃも。

北海道産 子持ち本ししゃも

お酒のつまみとして根強い人気を誇るシシャモですが、 一般的に流通しているししゃもの9割は、 輸入物の「カペリン(カラフトシシャモ)」と呼ばれる別種の魚です。 本来の「シシャモ(柳葉魚)」は北海道の太平洋沿岸部でしか獲れない、日本固有の魚です。 シシャモはサケと同じように、海を回遊してから産卵のために川を遡上するのですが、 川に戻る直前、沖合から沿岸に戻ってきたところを漁獲します。

今回ご用意したのは、北海道厚岸で水揚げされた本物の「シシャモ」。 すべてメスで、卵を抱えた子持ちシシャモです。 しかも、15cmを超える特大の「6L」サイズで、 お腹には卵がびっしり詰まっています。 北海道のシシャモ漁は10月ごろに始まり、11月後半には終了。 この約1ヵ月半という漁期の中で、 卵をいっぱいに抱えたシシャモが水揚げされるのは、さらに限られた期間になります。 この特大サイズで、しかも抱卵状態の良い子持ちシシャモとなると、 水揚げ全体に対して5%にも満たない量しか獲れないという、 たいへん貴重なシシャモです。

銀色に輝く姿が美しい、北海道の本シシャモ。 ふっくらとした身に、ほんのりのった脂が絶品です。 干し方にも一工夫が施されていて、 通常の生干しよりほんの少し干し方が強め。 身がカラッと締まった感じに仕上がっていて、たいへん好評です。

北海道産 子持ち本ししゃも(特大) 商品詳細ページはこちら