TOP > コラム >地元で愛される庶民派アイドル。ミソと卵が、人気の原動力です。

越前/日本海せいこがに

「せいこがに」は、いわゆるメスの「越前がに(ズワイガニ)」のこと。 この「せいこがに」という呼称は福井県特有のもので、 石川県や富山県では「こうばこ(香箱)」、 山陰地方では「おやがに」などと呼ばれています。

「せいこがに」はオスの「越前がに」と比べてサイズは小ぶり。 身は少ないながら、上品な甘みがあります。 価格的にもお手頃だということもあって、 地元・福井の量販店などでは、 オスの「越前がに」よりもメスの「せいこがに」のほうが親しまれています。 そして、最大の特徴は、ミソと卵。 おなかには「外子(そとこ)」と呼ばれる卵を抱えています。 一方、甲羅の中には「内子(うちこ)」と呼ばれる、 深いオレンジ色をした卵巣があって、 「赤いダイヤ」の別名で高級品として珍重されています。 内子と外子、どちらも一度食べればクセになるほどの濃厚な味わいが魅力。 さらに、甲羅の中にはミソもたっぷり。 そのまま食べても良し、足の身を浸して食べても良し、 甲羅に日本酒を入れて味わうのも良しと、いろいろな楽しみ方があります。

今回の商品の素材としては、 福井県で水揚げされた「越前せいこがに」と その他の地域で水揚げされた「日本海せいこがに」の2種類をご用意しました。 また、「日本海せいこがに」については、〈生〉と〈塩ゆで〉の2タイプとなっています。 「越前がに」のページでご紹介したように、 カニの味を左右するポイントの一つに、 水揚げ〜加工の時点までカニが生きていたかどうかという「鮮度」の問題があります。 今回の商品は「越前せいこがに」はもちろん、 「日本海せいこがに」についても仕入れにこだわり、 状態の良いカニを選び抜いてお届けします。

「越前せいこがに」と「日本海せいこがに」のどちらも、 味としては遜色のないレベルにありますが、 しいて違いを挙げるとすれば「ミソの濃さ」でしょうか。 「越前」のミソのほうがコクが強くて、 食べ終わったあと、ほっぺたの内側に旨味がほんのり残るような感じがあります。 「日本海」のミソはあっさり、淡白で上品な味わいです。 まあ、微妙な違いといえば違いなんですが(笑)。

オスの「越前がに」同様、こちらの2種類の「せいこがに」も、 約2日間、水槽に入れてきちんと「泥抜き」を施してあります。 せいこがに特有の繊細な旨味を、この機会に一度お試しください。

越前せいこがに(塩ゆで) 日本海せいこがに(生/塩ゆで) 商品詳細ページはこちら