TOP > コラム >国内最高級ブランド。 昆布の森で、育ちました。

昆布森の生うに

日本でよく食べられているウニは、 主に「ムラサキウニ」と「バフンウニ」の2種類です。 ムラサキウニは、刺(トゲ)が長く、濃い黒色のウニ。 市場に出回っている8割以上がこのムラサキウニです。 一方のバフンウニは、刺は短く、やや平たい形状で、褐色がかったウニ。 流通量は全体の約1割ほどと、少なめです。 特に、今回ご用意した北海道産の「エゾバフンウニ」は、 国内産のウニの中でも最高級といわれています。

産地は、北海道釧路町にある昆布森地区。 この地区で獲れるエゾバフンウニは、 深い甘みと身の締まりの良さが特長で、 国内でも最高ランクの評価を得ている逸品です。 ではなぜ、この昆布森地区で最高のウニが育つのか? それは、このウニの「食生活」にあります。 昆布森地区の海では良質のコンブ、 国内でも一、二を争うぐらいのおいしいコンブが豊富に育ちます。 地区の沿岸約40キロのほとんどはコンブの漁場で、 その名の通り「昆布の森」が広がっています。 基本的には、ウニは雑食。 ところが、この地区のウニは良質なコンブを主食として食べ続けることで、 雑味のない、上質な味わいのウニに成長していきます。 「うまいコンブの中に、うまいウニが育つ」というわけです。

こうして高い評価を得て、 今では国内最高級のブランドとして知られるようになった「昆布森のウニ」ですが、 唯一の難点を挙げるとすれば、「手に入りにくいこと」でしょうか(笑)。 もともとの漁業は、「昆布森」というぐらいですから、コンブ漁が本業なわけです。 ウニ漁は、いわば「片手間」で、それだけ漁獲量が少ない。 漁期は、10月後半から12月後半にかけての約2ヵ月間に限定。 しかも、人が潜って獲る漁のため、波が高い日は中止になります。 したがって、実際に漁が行われている日数は2ヵ月の間でも20日ほど。 ますます限られた漁獲量になるわけで、 この時期は、昆布森漁協に注文を出す側の仲買人や仕入れ担当の間で 熾烈な争奪戦が繰り広げられます(笑)。 出荷があるか、ないか。電話での問合せを、毎日します。 ダメもとで毎日毎日、60日間注文したとして、 在庫にありつける日が10日もあれば大成功。 毎日電話して、「今日もありません」「明日も駄目です」というのが当たり前の光景になっています。

しかし、それでも「待つ価値」のあるウニなのです。 身は、鮮やかなオレンジ色。 粒は大きく、味は濃厚。 渇き具合も最高で、身が溶けて崩れることもない。 圧倒的なおいしさが、口の中に広がります。 一般に流通しているウニとは桁違いの、最高級ウニ。 ぜひ、「待つ時間」も含めてお楽しみいただければと思います。

昆布森の生うに 商品詳細ページはこちら