TOP > コラム > 国内産ならではの甘みとシャキシャキ感。 湯通しのコツも、お教えします。

北海道産・活ホッキ貝

「ホッキ貝」は、漢字で書くと「北寄貝」。 北に行くほどおいしくなる貝といわれていて、 日本だと北海道産がほとんどです。 今回の商品は、全国での水揚量の第1位を誇る 本場・苫小牧産のホッキ貝です。

貝類も魚と同じように鮮度が命ですから、 やはり海外産に比べて国内産のホッキ貝のほうが新鮮で、甘み・旨みも段違い。 一般的にホッキ貝は身の先が「赤い」というイメージがありますが、 実は「赤い」色は主に外国産のものに多く見られる色合いで、 国内産の新鮮なホッキ貝はどちらかといえば紫に近い色合いをしています。 そして、サイズも国内産のほうが大きくて肉厚。 今回の、一粒が150〜200gという大きさも国内産ならではのサイズです。

ホッキ貝は、他のトリ貝や赤貝に比べて歯ごたえのある食感が特徴。 内蔵を除いた、実際に食す部分の割合も他の貝に比べて多く、 食べごたえがあります。 国内産に特有の甘みとシャキシャキした歯ごたえは、 寿司ネタ以外にも酢の物でいただくのもおすすめです。 また、そぎ切りにしてミョウガやネギなどと一緒にポン酢でいただくと、 最高の酒のつまみに。 身が肉厚なので、少し細かく切って召し上がるぐらいがちょうどいいと思います。 あと、北海道ではカレーに入れてシーフードカレーにするのもポピュラーな食べ方です。

今回の商品は「殻付き」ですので、 お客様自身で殻を外し、下処理を施していただくことになります。 殻を外した後の下処理で大事なポイントは、「湯通し」。 湯通しの加減によって甘みが変化します。 基本的には湯通しの時間が短ければ短いほど、甘くなります。 逆に、湯通しの時間が長ければ長いほど甘みは抜け、身も硬くなってしまいます。 だからといって、全く湯通しをしなければいいかというと、 湯通しを「しない」より「する」ほうが甘いんですね。 そして、味の輪郭もくっきりと際立ちます。 これは貝類ほぼ全般にいえることなんですが、 貝は泥地に潜んでいたりするために、 やはり少しは熱いお湯をくぐらせたほうが泥臭さも抜けるわけです。 熱いお湯でほんの数秒間、サッと湯通しをするぐらいが適度な加減です。

ホッキ貝は、秋が旬。 肉厚で甘みに富んだ苫小牧のホッキ貝を、ぜひ一度ご堪能ください。

北海道産・活ホッキ貝(殻付き) 商品詳細ページはこちら