TOP > コラム > 神秘の海、富山湾が育んだ宝石。

富山湾産・白えび

白エビは主に富山湾に生息しているエビで、 漁業が成り立つほどの水揚げがあるのは世界でも富山湾だけです。 日本海側で最大の湾である富山湾。 その最深部は1200m以上におよび、 「日本三大深湾」の一つに数えられています(他二つは駿河湾、相模湾)。 また、「蜃気楼」や「ホタルイカの発光」などの神秘的な現象で知られる富山湾ですが、 湾の奥の海域には、海岸近くでも一気に深くなっている「海底谷」があります。 この海底谷は、深さの影響で海の青が一段と濃く見えることから、 「藍瓶(あいがめ)」と呼ばれています。

この富山湾特有の海底谷「藍瓶」を住み処にしているのが、白エビ。 体長は5〜6cmと小ぶりで、 透き通るようなピンク色をしていることから「富山湾の宝石」と呼ばれています。 富山湾でしか獲れない希少な水産資源ということもあって、 漁期は4月から11月までの間に限定されています。 また、乱獲を防ぐために、漁に出る船の数も限定していて、 今日はAグループ、明日はBグループと船団ごとに出漁日を分け、 持ち回りで漁を行っています。

今回は、お刺身で食べられる「むき身」と、 唐揚げなどで楽しめる「殻付き」の白エビの2種類をご用意しました。 お刺身用の「むき身」は、1匹1匹、丁寧に手作業でむいています。 水揚げ後に一度冷凍して、表面を硬くしてから殻をむいているのですが、 この作業をご家庭でやろうとすると、 20匹ぐらいむき終わった時点でため息が出てきます(笑)。 しかも、だいたい白エビのお刺身1人前が60〜70匹ぐらいですから、 家族の人数分をむこうと思うと気の遠くなるような作業です。 しかも、この小さく繊細なエビの身を崩さないようにむくのは至難の業。 こうした手間ひまがかかっている分、 むき身は殻付きに比べて値段が高価になっています。

むき身をお刺身で食べると、 とろりとした口あたりで、ほんのり上品な甘みが美味。 手巻き寿司や丼のネタにしても、贅沢な味わいが楽しめます。 また、殻付きのほうは、油でカラッと揚げてください。 サクサクと香ばしく、ビールのおともに最適。 「やめられない、止まらない」という言葉は、 このエビのためにあるんじゃないかと思えるほどの逸品です。

富山湾産・白えび むき身/殻付き 商品詳細ページはこちら