TOP > コラム > 深い黒。 それが、おいしさの印。

天然・手摘み岩モズク
塩蔵/タレ付き

天然の岩モズクは日本海側で採れるモズクです。 まず、その特徴として一目見て分かるのが、色の「黒さ」です。 市場の約9割を占める養殖のオキナワモズクと比べて、 より黒色に近い深緑色をしています。 食感も段違い。 締まりのある、シャキシャキとした歯ごたえが格別です。 そして、濃密な磯の香りが新鮮さを物語っています。

また、同じ天然の花モズクと比べても岩モズクのほうが太く、 しっかりとした歯ごたえを感じることができます。 花モズクの歯ごたえはどちらかといえば繊細なシャキシャキ感が特徴ですが、 ここは人によって好みの分かれるところではないでしょうか。 ちなみに、天然のモズクは市場では約1割程度の流通量ですが、 その中でも、岩モズクは花モズク以上に希少価値の高いモズク。 近年では温暖化の影響で、採れる地域も限られてきています。 海水温が温かすぎると生息できなくなるようで、 日本海側でも年々採れる量が減少しています。

もともと岩場に生えるモズクですので、生息できる環境が限られています。 沿岸部の、特に入り組んだ湾になっている内海が絶好の生息場所。 今回の商品は、富山湾沿岸の能登の海で採れた岩モズクです。 海女(あま)のみなさんが丁寧に手摘みした貴重なモズクを、ぜひご賞味ください。

天然・手摘み岩モズク 塩蔵/タレ付き 商品詳細ページはこちら