TOP > コラム > 夏牡蠣を食べずに、牡蠣を語ることなかれ。

若狭の天然岩がき

カキの真髄を味わうなら、夏です。

「岩ガキ」は、夏に旬を迎えるカキです。 いまでは「カキは冬に食べるもの」というのが一般的な認識ですが、 冬に旬を迎えるのは養殖の「マガキ」。 もともと日本では、夏に「岩ガキ」を食べることのほうが多かった。 だから、「岩ガキ」は別名「夏牡蠣」とも呼ばれています。

この「岩ガキ」の特徴は、「マガキ」に比べると遥かにサイズが大きいこと。 「岩ガキ」の1粒は、「マガキ」1粒の約3倍以上の大きさがあります。 そして、風味も甘みも味も、すべてが桁違いです。 食べ方は、殻を開けて、そのまま食べるのがいちばん。 海水の塩分が絶妙かつ最良の調味料です。 ほかには何の味付けもいりません。

今回お届けする商品は、6月に漁が解禁になった「若狭の天然岩ガキ」です。 産地は、福井県の若狭湾。 湾内で獲れるカキの特徴として、サイズが大きく、身もみっちり詰まっています。 その要因としては、外海に比べて湾内のほうが、 川から流れ込んでくる栄養分が豊富に蓄積していくことが挙げられます。 粒は大きく、身は詰まって、味が濃い。 天然の岩ガキを食べたことのない方にこそ味わっていただきたい逸品です。

若狭の天然岩がき 商品詳細ページはこちら