TOP > コラム > 天然・手摘み花モズク

天然モズク

モズクは、「花モズク」とも呼ばれます。
この「花」とは、モズクはホンダワラという海藻に花が咲いたように寄生することに由来しています。また、つるつると柔らかい食感から「絹モズク」とも呼ばれています。
現在市場に出回っているほとんどのモズク商品は、養殖のオキナワモズクです。

今回お届けする花モズクは天然物で、その採取方法は「手摘み」です。海女(あま)のみなさんが何度も潜水を繰り返し、ホンダワラに生えているモズクを丁寧に摘み取りました。
このため、採取されている量は、年間でもほんのわずか。一部のリピーターに評価が高い希少品です。

越前海岸から若狭湾にかけての花モズクは、シャキシャキとした歯ごたえがあって、モズクの特有の粘り気もたっぷり。また香りも格別。パックを開けた瞬間、芳醇な磯の香りが鼻をくすぐります。福井の隠れた名産品である天然の花モズクをぜひお試しください。

天然モズク商品詳細ページはこちら